特集★和装での前撮りin東京

Home > 東京の和装前撮り情報 > 和装の前撮りの時期や準備について

和装の前撮りの時期や準備について

 結婚式をあげる時に、セットで行なってあたら前と考える人が増えているのが前撮りです。
結婚式では着ることができない衣装にチャレンジすることができたり、前撮りで着用することで本番への練習にもなります。
近年では、和装の良さが見直されるようになり、和装で前撮りを行うカップルはかなり増えました。
東京でも前撮りで和装専門で扱っているスタジオも増えており、その人気は確かなものといえます。
しかしいざ前撮りもするとなれば、どのタイミングで撮影すれば良いのかや、準備として何があれば良いのかで悩むのではないでしょうか。
スムーズに前撮りを行い、満足できる写真を手にするためには、準備やある程度の流れを知っておくことがポイントになります。
選択肢も遠い撮影スタジオだからこそ、よく考えておきましょう。

 結婚式で衣装を着るためのリハーサルにしたいというだけならば、タイミングにはそれほどこだわる必要はなく、結婚式までに間に合えば良いと言えます。
しかしギリギリとなれば、結婚式の準備で追われている可能性もあるので、前撮りをしている暇がないということになりかねないので、気をつけましょう。
結婚式の演出の一つとし、ウェルカムボードやプロフィールムービーに使いたい場合には、早い段階で撮影して準備を進めていく必要があるので、より注意しておかなくてはなりません。
写真撮影をした日に全てが終わるというわけではなく、写真やデータを受け取るまでにはある程度期間がかかるケースが大半なので、その点に関しても確かめておく必要があります。
余裕を持って申し込み撮影するようにしておきましょう。

 和装での前撮りとなれば、着物はスタジオなどでレンタルするという人が多いですが、持っていくべきものや考えておかなくてはならないことなど、準備は多いです。
小物類は別で持ち込むとなれば、忘れないように気をつけなくてはなりません。
着付けの際に必要となるタオルや、肌着類は持っていかなくてはならないケースが大半なので、忘れないようにしておきましょう。
写真が映えるように撮影スタジオには小物類が準備されているケースが多いですが、何が準備されているのかは撮影スタジオによって違いがあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
満足できないとなれば、自ら持っていくことになるので、持ち込みができるのかも聞いておかなくてはなりません。
イメージやポーズもある程度決めておくと、よりスムーズです。

次の記事へ